横浜で父の債務整理をした件

こんにちは、隆則です。先日、父と借金このとについて話し合いました。

もう、350万円もの借金を返済していくのは、年齢的にもキツイし、将来、私も借金を背負うつもりはないし、頼むから債務整理を検討してくれと父に話しました。

私が参考にしたこちらの債務整理 横浜サイトを是非、ご覧ください。

ただ、過払い金に関しては時効規定があるので、その件数は平成29年から30年ごろにかなり減るとしりました。気になる方は、弁護士事務所等に連絡をして過払い請求できるのかをチェックしてもらったほうがいいですよ。

債務整理で任意整理をする歳に、過払いがないというケースだと減額は厳しくなりますが、折衝次第で上手く運ぶことも夢ではありません。他には債務者が積立などを始めますと債権者側からの信頼性を増すことに結び付きますから、有利に作用するはずです。

債務整理をやろうとなると、弁護士などの専門家に依頼しますが、弁護士であるならば誰でも良いわけではなく、借金問題を専門に扱っている弁護士を選んだほうが絶対にいいです!!

また、世間一般的に言われている、ブラックリストですが、債務整理をすると5-7年は一切、ローンやクレジットカードなども作れなくなります。

債務整理が知れ渡る前まで、個人の借金整理に関しては自己破産がメインだったということですが、ここまで浸透したのは、弁護士の広告制限が解放されたことが大きいと聞きました。

債務整理は、資金繰りに行き詰ってしまって、ローン返済などに回す資金がなくなったというような場合に実施するものだったようです。

良いことではありませんが、以前ほど後ろめたさに苛まれないものになったように私は感じます。