未分類

横浜で父の債務整理をした件

こんにちは、隆則です。先日、父と借金このとについて話し合いました。

もう、350万円もの借金を返済していくのは、年齢的にもキツイし、将来、私も借金を背負うつもりはないし、頼むから債務整理を検討してくれと父に話しました。

私が参考にしたこちらの債務整理 横浜サイトを是非、ご覧ください。

ただ、過払い金に関しては時効規定があるので、その件数は平成29年から30年ごろにかなり減るとしりました。気になる方は、弁護士事務所等に連絡をして過払い請求できるのかをチェックしてもらったほうがいいですよ。

債務整理で任意整理をする歳に、過払いがないというケースだと減額は厳しくなりますが、折衝次第で上手く運ぶことも夢ではありません。他には債務者が積立などを始めますと債権者側からの信頼性を増すことに結び付きますから、有利に作用するはずです。

債務整理をやろうとなると、弁護士などの専門家に依頼しますが、弁護士であるならば誰でも良いわけではなく、借金問題を専門に扱っている弁護士を選んだほうが絶対にいいです!!

また、世間一般的に言われている、ブラックリストですが、債務整理をすると5-7年は一切、ローンやクレジットカードなども作れなくなります。

債務整理が知れ渡る前まで、個人の借金整理に関しては自己破産がメインだったということですが、ここまで浸透したのは、弁護士の広告制限が解放されたことが大きいと聞きました。

債務整理は、資金繰りに行き詰ってしまって、ローン返済などに回す資金がなくなったというような場合に実施するものだったようです。

良いことではありませんが、以前ほど後ろめたさに苛まれないものになったように私は感じます。

もし債務整理をすることになった場合

こんにちは、隆則です。先日の話の続きで、今日は「債務整理をすることになった場合」について話そうと思います。

さて、この「債務整理」が何かと言えば、借金を軽くするための頼れる方法で、テレビ広告などで露出されているため子供でもワードだけは知っているでしょう。

「債務整理」は借金解決では必要不可欠な手段ではないでしょうか?

債務整理を行うと、5-7年間はキャッシング・ローン・クレジットカードの発行などが行えなくなりますが、本当のところキャッシングが認められないとしても、暮らしが立ち行かなくなることはないと思います。

再生手続をしたくても、個人再生に関しては裁判所の再生計画是認が前提です。このことが結構難易度が高いために、個人再生を頼むのを迷う人が多々あるそうです。

そういうような方は別途キャッシングして穴埋めすると聞いたこともあります(汗)まあ、それは結局のところ給料が多い人に限定されると思いますが。。。

任意整理では、過払いが認めなられなければ減額はきついですが、折衝次第で上手に進めることもできるのです。それ以外に債務者が積み立てをしますと債権者からの信頼を増すことに直結するので、有利に作用します。

自分が自己破産したとしても、頭に入れておいてほしいのは自己破産手続きを終了した人の保証人は、債権者から返済を求められるということです。

だからこそ、自己破産を考えている人は、事前に保証人に状況説明をするべきです。借金解決の為の手段として、債務整理が定番になっています。

任意整理をすることになった場合、債務の件で協議の場を持つ相手というのは、債務者が考えた通りに選択できるわけです。そこら辺は、任意整理が個人再生もしくは自己破産と著しく異なっているところだと言えます。

債務整理と申しますのは借金解決を目指すための方法ですが、減額交渉に臨む時は信頼のおける弁護士が必須です。債務整理がうまく行くかどうかは弁護士の経験と実力がモノを言うということです。

クレジットカードも多重債務の原因に。

横浜の隆則です。

父の借金が心配ということもありますが、自分の他人事ではないので、先日お休みを使って債務整理について色々調べました。

自分はパソコンをもってないので、横浜駅の西口のほうにあるネットカフェに行って調べました。スマホで調べてもいいんですが、やっぱりPCのほうが捗りますよね。

多重債務というと消費者金融のイメージがありますが、クレジットカードも忘れてはいけませんね。カード依存も、債務整理に繋がる要因となります。

クレジットカードは、一括払いのみ使う場合は問題ないのですが、多めの分割払いやリボルビング払いに関しては多重債務に嵌る原因になります。

債務整理の中の1つのやり方として任意整理があるわけですが、任意整理は、債権者一人一人と直談判するわけではありません。

なんと任意整理を行なう場合は、債務減額について相談する相手を思うがままにチョイスできるのです。

90年代の終わり頃までは、債務整理は自己破産という選択肢しかなく、消費者金融への返済に行き詰ったことを理由に自殺する人が増えるなど、大変な社会問題になっていたそうです。

それに比べると今は多重債務者に優しい世の中になっているといえますね。逆にこれに甘んじて多重債務者が増えてしまうような気もしますが・・・

あれやこれやと当惑することも多い借金の相談ですが、自分自身では解決するのは困難です。早々に弁護士といった法律のプロに相談した方がいいということがわかりました。

引き続き、債務整理について調べていこうと思います。もちろん、債務整理をしなくても良いように努力をするのが一番ですが。

多重債務者の父と債務整理

お金にだらしない隆則ですがもっとだらしないのが父です。今横浜のスーパーで店長やっててけっこうまわりから信望あるようなんですがどうも多重債務者でもあるようなのです。うちによく消費者金融とかサラ金みたいなところから電話があるし。携帯も時々とめられています。
彼は博打が好きでよく平和島の競艇にいったり近所のパチ屋へ行ってます。テレビでよく債務整理のCMをみかけますが父も債務整理をしたら良いのにと思いました。

どうやら消費者金融5社から合計350万円の借金を抱えているようです。これを整理するのです。
ただ債務整理をする弁護士事務所にもよりますがもしかするとかなり高額な報酬をとられるかもしれません。ただし、過払いが発生していなければ、報酬金を取らない事務所が多いとのことです。

債務整理には任意整理、自己破産、個人再生の3種類あるようですね。

任意整理なら、着手金が消費者金融一社につき2から3万円、過払いがあれば15%〜25%の報酬金。一方、過払い0の場合、報酬金は発生しない弁護士事務所が多いようです。

破産処理の報酬は20万円から30万円くらいとのこと。

個人再生の場合30万円くらいが相場です。

父はもうかなり前から借金を重ねてますが過払い金があるのかないのかによって弁護士事務所に払う報酬も変わるようです。

好きな事はやめられない。

女遊びが過ぎて毎月バイト代がほとんどなくなります。場合によっては生活費さえ残らなかったりすることもあるんですが、そこだけは最低限死守したいところです。

あ、どうも!神奈川県横浜市に住む隆則です。今24歳でとくに夢もなくバイトしながらふらふらしてます。

好きなのは女!あと…、うん、やめておこう。でもそれくらい。趣味はほとんどない。彼女は今2年目になる人がいるけど、正直満足できない。別に彼女が嫌いなわけじゃないけど、足りないんです。

だから色んな人に声をかけては出かけておごってあげたりして一日楽しみます。その為にお金が必要でバイトは3つ掛け持ち。

朝から夜までバイトの日もあります。そんな日はへとへとになりながら家に帰って死んだように寝ますが、次の休みの日に楽しむ為に必死です。

女の子が喜ぶならおしゃれなお店だってしっかりリサーチします。この間一日過ごした女の子とはリゴレットオーシャンクラブに行きました。横浜駅の西口にあるんだけど、パスタがおいしいお店。事前に予約をしないと入れないから大変だったなぁ。

そんなことばかりしてるのでさすがに彼女に怒られて、やめてくれって言われた。どっかで整理しないといけないとは思ってても好きな事をやめる事は難しい。でもやめなきゃなぁ。